WOWOWありがとう

 

WOWOW最高でした

 

ありがとうございますありがとうございます。とんでもない高画質もカメラ割りも最高でした。こんなにいいものを見せられたら解約できません。今後ともL'Arc~en~Cielをどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

ただのユキマニの叫びですが、すこしだけ感想を書かせてください。

以下ネタバレ含みます。

 

 

あーーーーー感動した。

 

やっぱり接吻がメチャクチャかっこいい!

ドームで聴いたときはもっとテンポ感がじれったかった気がするけど、それはドームの音響故なのでしょうか?でもGIGSにも書いてあったのであながち間違いじゃないと思うけど…。あとコンマ後ろにずれるとダレる一歩手前のギリギリまで引っ張る感じが絶妙でゾクゾクが止まらなかったです。yukihiroさんのドラムで踊るのは最高に気持ちよかったな。でもWOWOWで聴いたらそこまで引っ張っているようには聴こえないし、ビューイングでも感じなかったです。ということはドームの音響を考慮したあのタイム感!?とんでもないわ…。冷静に考えてみると勇気というか度胸というか…そしてそこにバッチリ合わせてきたメンバーも凄い。四人のスキルとこれまでの活動で作り上げられてきた阿吽の呼吸を実感した一曲です。この接吻を一日だけとは言え生で聴いたというのは人生の財産としか言いようがありません。

Twitterにも少し書きましたが、ムンクのキスの絵はふたりの顔が溶けてひとつになっていて好きです。ライヴのときは聴けた喜びとカッコよさで何も考えられなかったけど、改めて冷静に聴くととてもムンク。でも口だけじゃなくて触れた肌や握った手の境目が全部無くなってずぶずぶと溶けて混ざっていく感じ。それを!ロックで!オルタナでやっていることが!とんでもなくかっこいいんですよ!!!

ところで、この対談のDIVE TO BLUEの部分にあるように、ラルクオルタナ性って本当に過小評価されていると思うんです。

ongakudaisukiclub.hateblo.jp

オルタナオルタナに収まらないところがラルクで、そこが何よりラルクオルタナの魅力。けんちゃんがヘビメタオなら私はオルタナコ。その私が言うんだから間違いないんですよ。(←何様) ほんっとバチボコにカッコいい。もっとラルクオルタナが聴きたくなりました。新曲待ってるよん。

 

trick

yukihiroさーんッッッ!最初の1,2,3,4!知ってたのに大絶叫。カッコいい!一生ついていきます。誕生日がジャパニーズクリスマスとまで言われるあのhyde様をバックダンサーのように扱えるのはこの世でyukihiroさんだけですよ。

 

そして雪の足跡

ちょっと…えええ…yukihiroさんの下まぶたの淵のところが真っ赤!目もキラキラしてて…TT ここから私の涙腺が壊れだしました。曲中に突っ伏しかけ、でも力強くペダルを踏み込む足にむせび泣き、最後するっとこぼれ落ちたスティックにさらに涙。一切の余力を残さずすべてステージで出し切ったのですね…!不真面目なファンなので全てのライヴ映像をちゃんと見ているわけではありませんが、yukihiroさんがスローの曲でここまで感情を露わにしたのは珍しい気がします。ううう…好き。てっちゃんの顔がもうほぼ泣いてるし、けんちゃんの音がとても暖かくて…。最初のhydeさんだけが歌っている部分で他のメンバーの表情を映したのは反則です。これで泣かずにいられる方法があるなら教えてほしいよ。

これまで何度もこの曲を聴いてきたけれど、子供の頃はそこまでピンとくる曲ではなくて。(ごめんなさい) でもラルクリで聴いたときには歌詞のひとつひとつが染みて仕方がなかったです。めちゃくちゃいい曲じゃないですか…。今更…。いろんな情景が浮かんできて、ただのファンでもこんななのにそりゃメンバーは感極まって当然ですよね。暖かい演奏だったなあ。良かったです。いいライヴでした。

 

まだまだ書きたいけれどこの辺りで。

ああもうほんとラルクが好きだー。まだ一回しか観られていないので早く二回目が観たいです。

 

そしてまさかのてっちゃんが行列のできる法律相談所に出演されるという情報が飛び込んできて驚愕しておりますが、なにかお知らせとかあるのかな…?少しの不安と(笑)期待が膨らみます。

ACIDツアーも近づいてきたし、これからも楽しみが続きますね!

 

 

最後に少しお知らせですが、またもやプレイリストです。

SpotifySNSだ、と言っていたのは小袋成彬さんでしたっけ。ええ、わかりやすい程にSpotifyにハマってます。なので今回は自己紹介として一番自分のニュートラルな状態に近い五曲を選んでみました。よければ聴いてみてください◎